トンカットアリの効果や飲み方・副作用を詳しく解説

 

トンカットアリとは、東南アジアの熱帯雨林地域に生息しているニガキ科の一種です。収穫に約10年と成長速度が遅く長い年月がかかりますが、男らしさをアップしてくれるハーブで、昔からとても重宝されているものです。

 

多くの男性から注目され利用されているそのハーブは、アミノ酸の一種であるアルギニンが根の部分に多く含まれています。アルギニンが多く含まれているとテストステロン増大効果が期待でき、結果的に精力が増大します。

 

日本では享保に持ち込まれていますが、農作物としては栽培されていません。甘い香りと強い苦みがありますが、火をしっかりと通すことにより苦みが弱まります。葉には種子同様苦みがあり、中近東・インドなどではハーブとして利用されています。

 

トンカットアリの効果

成長ホルモンの分泌が活発になり、筋トレの効果が出やすくなるでしょう。血流も改善されるので栄養成分の循環も良くなり、疲労回復や冷え性の改善にも効果が期待できます。

 

また、多くの精力剤にも含まれているトンカットアリはいつまでも若々しくいたい男性におすすめです。男性機能を高め、性欲を高める、男性不妊の改善効果が期待できます。

 

精神や体の疲労を抑えたり、スタミナアップにも効果が期待されおり、最近疲れやすい方や目覚めが悪いと感じている方が飲めば、心身ともに元気になることでしょう。

 

トンカットアリの飲み方

トンカットアリはサプリメントで摂取することができます。パーフェクトボディHMBにはトンカットアリが含まれているので、わざわざ他のサプリメントや精力剤を購入する必要もありません。パーフェクトボディHMBの主成分であるHMBの推奨摂取タイミングに合わせて、食後や筋トレの前後に飲めば大丈夫です。

 

もしトンカットアリのサプリメントを追加する場合、他のサプリメントと同様に、水で飲むと良いです。水以外だと、栄養吸収を妨げる可能性があるからです。飲むタイミングはご自身の好きなタイミングでかまいません。夜飲む場合は就寝前、食後に飲む場合は食後30分以内に飲むことを心掛けましょう。時間帯や飲むタイミングを考えて摂取するのが良いです。一例として、朝食後に1回飲み、就寝前に1回飲む方法がベストです。

 

トンカットアリの副作用について

健康食品であるトンカットアリは副作用の可能性は低いですが、トンカットアリが体質に合わない方もいるので注意しましょう。副作用として注意が必要なのが、胃の不快感や胃痛です。

 

消化器系の不調にあったという声もあり、胃腸が弱い方は注意して摂取しましょう。過剰に摂取した場合は、胃痛、下痢、吐き気、頭痛なども副作用として確認されていますので適切な摂取量を守って飲むようにご注意下さい。

 

アレルギー反応が出てしまう人もいますので、心配な方は摂取前に医師にご相談下さい。服薬中・通院中・授乳中や妊娠中の方は摂取を控えた方が良いでしょう。

 

⇒パーフェクトボディHMBの詳細が分かるTOPページはこちら