フェヌグリークの効果や飲み方・副作用を詳しく解説

 

フェヌグリークはハーブ・香辛料の一種であるマメ亜科の一年草植物です。地中海地方原産で昔から中近東、アフリカ、インドなどで栽培されています。日本へは江戸時代に伝来したと言われています。

 

ヨーロッパでは昔から口腔病・胃腸障害の薬草として利用されていました。漢方では補腎、強壮、胃に良いとされています。動物実験ではフェヌグリークが血中コレステロール低下、脂肪蓄積を抑えることが分かっています。

 

フェヌグリークの効果

昔から言われている効果は怪我、気管支炎、消化器疾患、関節炎、腎臓障害、男性生殖能力再生など。現在では糖尿病、高コレステロール、高血糖、便秘に効果があります。

 

また、種皮に含まれているステロイドサポニンが体内で女性ホルモンに変わることで、バストが大きくなり母乳も出やすくなると言われています。筋トレそのものでの効果を高めるというよりは、消化器や腎臓などの働きをサポートする意味合いが強いと言えますが、筋トレをすれば当然内蔵にもストレスがかかるので、このような働きは貴重です。

 

フェヌグリークが含まれている食べ物

フェヌグリークが含まれている食べ物は種子をスパイスとしてカレー粉に使われたり、もやしとして使われています。そして若芽はサラダにもなりますし、種を粗く挽いてハーブティーにすることも出来ます。

 

アフガニスタンではデザートとして種子を入れた甘いお粥になり、イエメンでは種子を水に浸して調味料にもなります。更に、種子から抽出されたエキスでタバコのフレーバー、イミテーションのメープルシロップの添加香料にも使われています。

 

フェヌグリークの摂取方法

摂取方法はサプリメントで摂るのが一番いいでしょう。パーフェクトボディHMBにはフェヌグリークが含まれているので、基本的にはそれで十分だと思います。摂取タイミングは寝前が一番良いと言われていますが、主成分のHMBに合わせてしまった大丈夫でしょう。

 

パーフェクトボディHMBにプラスしてサプリメントをフェヌグリークティーとして飲む場合は、軽く砕いて小さじ1をお湯に入れて5分間蒸らしてから飲みましょう。

 

フェヌグリークを摂取する上での注意点と副作用

フェヌグリークを摂取して注意しなければいけないのは血糖値が下がる可能性があるという事です。他にも子供が服用すると意識障害になる恐れがあること、女性の場合は女性ホルモンのバランスが崩れるので注意が必要です。

 

更に妊娠中の方は他の薬と同様に摂取はよくないでしょう。サプリメントなので基本的には副作用の心配はありませんが、上記の点にはご注意の上、適切な摂取量を守りましょう。

 

⇒パーフェクトボディHMBの詳細が分かるTOPページはこちら